スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1人で観るDVD
1人過ごす時間に観ようと借りてきたDVD
一週間レンタルで4本1000円

この組み合わせが難しくて、なかなか上手く借りられません
最近は何故か邦画の方がぴったり来るような


「新しい人生のはじめかた」ダスティンホフマンとエマトンプソン
とてもじゃないけれど新しい人生など始める気力は無いと思う私なので
借りる気など無かったのですが、まあ4本借りねば・・

とても良かった
出会った2人がお互いひかれ会っていく様子が本当によくわかる 
エマトンプソンの体型にも親近感が沸くし


生きているがゆえに生じる人生の寂しさとか、背負っているものとか
相手の話にきちんと向き合って耳を傾け、わかり合えるお年頃になっている

一番よかったのはダスティンホフマンが別れた娘に送る乾杯のスピーチ

ちゃんと生きてきたんだから、逃げないで伝える事
どんなことを言われようと、思われようと自己主張はした方がいい
それだけの年齢を重ねているし、自分の為に伝えなくちゃいけない・・って思いました

「扉をたたく人」
人生の後半を流されて生きている大学教授のお話
ふとした事で知り合った不法滞在の青年
ジャンベというアメリカンドラムを通してお互い気持ちが通じ合っていく
その様子が観ていてとても嬉しい

何だか冷たそうな嫌なおじさんが最後には魅力的な男性に見えてくる

後半は9.11以降のアメリカが抱える不法移民問題がクローズアップされて
ちょっとやるせないというか厳しい

そんな中、青年の母親がステキでした
現実問題にきちんと向き合い冷静に物事を見つめている
何事にも溺れない

どんな方かと調べたらイスラエルの女優さんのようで、私と同い年
他の作品は観たことがないけれど・・
凛としていてとても好感が持てました

次は何を観ようかな
「渡る世間・・」がTVで始まるのも楽しみ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
今夜もDVD
TSUTAYAで借りてきたDVDを観ています
「今度は愛妻家」
昔、トヨエツさんがブームだった頃、ある女流作家の先生が
「彼は何年かして、なんで好きだったんだろう・・と思ってしまう俳優さんになるだろう」
と書いていらして、「むっ」ときた私
でも当たってしまった
切なさや哀しみを表現する彼の演技は、今見直しても素晴らしく上手だと思います
今現在でも素敵な俳優さんだと思いますが、熱はまるっきりさめてしまいました
当時の役柄は彼が求めているものではなかったんでしょうね

薬師丸ひろ子さんのふわ~っとした奥さん役は可愛らしいけれど
ドラマの「ミセスシンデレラ」の方がずっと良い
疲れちゃった

見始めてすぐ結末がわかってしまって、ちょっと窮屈な感じに

石橋蓮司さんが一番良くって、オカマのお父さんなんだけれど
素敵でした
色々ある人生だからある日ふっと
彼のように明るく楽しく演じて生きちゃおうと思うかもしれない
ホームレスはちょっとダメだけど
はじけて生きちゃえるならやっちゃえと思う

「母なる証明」ウォンビン復帰作です
母親は子供が幼い頃は目の届くところで、遊ばせていて危険を回避させている
年齢と共にその姿は視界から外れ、それが当たり前なのだけれど
知的障害のある28歳の息子を持ったこの母親は全身で息子を感じようとしている

自分の子供を信じ、自分の子供を守る為ならばあらゆる事は許されると
錯覚と狂気が入り交じってしまう
真実を、現実を知ってしまったら忘れてしまう事
私もそうかもしれない
本当に苦しく悲しいことに直面し、どうにもならないなら
蓋をしてしまうかもしれない
我が子を守るために・・母親という生き物になってしまう

始まりと終わりが母親が踊る場面なのですが
踊るしかないかもと思いました

おせんべいと、チョコレートと、さきいかを完食しました




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
予約した本を読む
半年以上前に図書館で予約した本がやっと回ってきました
角田光代さんの「森に眠る魚」
事件をもとに書かれたということで、興味がありました

「対岸の彼女」「空中庭園」と読んだことがあり先日NHKで「八日目の蝉」も見ました
女性の感情の波というか、深いところにしまってあるようなものを
引っ張り出してうっ!とくるものを書く書く方だなあと・・

TVドラマははまって涙ながらに見ていたので、早く読みたかったのでした

まず登場人物の名前と生活歴のようなものが書かれているのですが
焦ってしまいました
昔、ロシアの文豪の小説を読んだときのように、「えっとこれは、誰だ?どういう人だっけ?」
ぺらぺら戻って確かめる・・ここまで劣化しているのか私の頭

どんどん引き込まれてそれぞれのイメージが人物として出来上がってくる
決して女優さんでもなく、友人でもないがちゃんと姿形が現れてくる
私にとってどういう基準なのかな

凄い・・どうしてこんなにわかっちゃうの?が第一の感想でした
自分だったら誰かなとか、全部あるような無いような
比較したらとても申し訳ないけど「デスパ○ートな・・」だって同じような感じなんだけれど
あちらはとてもコミカルで許せちゃう感じなのだけれど


色々見たり聞いたり調べたりするうちに何だかとても嫌な気持ちにたどり着いてしまった
全然外れかもしれないけれど、角田さんは私とはまったく違うタイプの方かもしれない
色々考えて後になって躊躇してしまった私は
やはりこの中にいるようなひとかたまりの母親なのだろう

エッセイとか対談集を今度は読んでみたいな
その時また違った感想が出るかもしれない



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村


鈍感力
芽

凍てつくような寒さから少しづつ抜け出しつつあるようです
ブックオフに行きました

マンガでも読もうかしらと思ってうろうろしたのですが
種類が多すぎるし、まずはよく理解できそうもない
さらりと読む事さえ躊躇してしまう感じ
男の子向けのマンガの方がおもしろそう
こんな事でも女性らしさが欠如していっているようで

渡辺淳一さんの「鈍感力」200円になっていました
今の自分の心に添った内容なのかしらと期待を込めて購入
まだ読み始めていませんが・・・・

一つ問題が片づくと、また新たな問題が芽生えてきて
心身ともに、参った状態の自分に気がつきました
2月は参りましたでございます
こうも出てくると、最重要以外は目をつぶり
あきらめたり、断ち切ったり、素直に受け入れていくしかない

プランターに植えたチューリップの球根が、やっとやっと芽を出し始めました
次はどこが出てくるか楽しみなのですが
問題の生じてくる様と似ているようで・・・

確か12個位植えたかな

立派に花は咲くのでしょうか


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


お気に入りの雑誌
婦人乃友

中学生の頃初めて見た雑誌が「セブンティーン」郷ひろみが大好きな友人から見せてもらった記憶
「平凡」「明星」「ぴあ」「ノンノ」「アンアン」
情報誌というか、本当に見たかった雑誌では無かったような気もします
何故か大人になったような気がして
でもマメにかっていたような

ファッション雑誌といえば「JJ」ハマトラから始まり、賀来千賀子さんが来ていたスエットが欲しくて
赤坂だか青山まで仕事の帰りに行ったっけ

「私の赤ちゃん」「プチタンファン」妊娠、出産を機に、ほかのママ達がどんな暮らしをして居るのか
離乳食とか、おもちゃとか・・・知りたかったのかな

何時も何かさりげなく雑誌がそばにあったような
最近は雑誌だけでなく色々な情報は手に入りやすくなってきていて、羨ましい


「何事も本ばかり見ていても、その通りになんか行かないのよ」と、義母に子育ての最中言われたっけ

書店に行くと華やかな雑誌が沢山あって、お世話になったものもあります
でも自分が目を引くものがない

数年前「ベーネ・ベーネ」という桐島かれんさんが何時も表紙を飾っていた雑誌があって
とても良く、けれど気が付いた時には廃刊最終号でした
バックナンバーで数冊買い求めましたが
漢方のお話しや、サプリや、食事、赤星たみこさんが更年期をテーマにコラムを書かれていて
「ニュース見て涙を流す私は漢方を飲み忘れていたのでした」など
思わず「えっ?そうなの」というようなお話しもあったり
廃刊になり残念な雑誌でした

私の誕生日に二人の母がお祝いをくれます
実の母は、シャルレの下着、義母はお金
両方ともずう~っと同じ
とてもありがたいので、頂いたお金で「婦人乃友」という雑誌の年間定期購読をし
残ったお金で口紅を買ったりしています

この雑誌は初め図書館で見ました
真面目な雑誌とか美智子さまが読んでいらっしゃりそうとか言われているようですが
色々に曲がった私の主婦道を矯正してくれるような気持がしています

毎回隅々まで読んではいませんが
テーマがあるので自分の都合で読み返したりしています


慣れてきちゃったかな
そろそろ次の雑誌を探そうかな
男性誌のほうがおもしろいんだけどな


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村






プロフィール

まぁさー

Author:まぁさー
.トールペイント、パン作りを習っています。主人と娘と息子の4人暮らし.
よちよち歩きのブログです。子供達に教えてもらいながら更新中です。50歳になりました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おたのしみ
最新トラックバック
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。