スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
百一日参り
20年ほど前に、大山にある「東學坊」というお豆腐料理を食べさせてくれる旅館に
食事に行きました
季節感たっぷりのお料理を頂いたことを覚えています

帰りに車の中で母を待っていると、一月ほど前に亡くなった叔父にそっくりな人を見つけ
たまたまそこにいた父と主人と共に大変驚きました

帰宅して義母に伝えると「大山にはそういう言い伝えがあるのよ・・」

百一日参りといって、亡くなった方が百日目に仏様になり
百一日目は仏様になられた故人が、ご先祖様の仲間入りのために我が家にかえる日であって
家族は無事に成仏したお礼詣りに大山「茶湯寺」に参拝します

それを知っている仏様は「茶湯寺」の石段で家族の来山を待っているそうです
お参りの道すがら、帰りに、よく似た人に逢えるとか声を聞くという
いわれがあるそうです


実家の来客は妹に任せて
私は主人と二人で行って参りました



         茶湯寺

主人の祖父が亡くなった時も行ったのですが似た人には逢えず・・

台風接近で、雨の中すれ違う人もいません
これじゃあ・・逢えないね
不思議なことはやはり突然起こるのでしょうね

茶湯寺の石段です
それでも沢山のご家族がお寺に供養にみえていました

お経を上げて頂いて、お札とお供物を頂きました
頂いたお茶は仏様に入れて差し上げてから家族みんなで頂くように言われました


仏様の供養をしながら時が過ぎていきます
母にこんなに長い間会わないことは無かったけれど
遠くに行ってしまったようには思えず
心の中ではいつかきっと帰って来ると
待っている自分がいます

色んな事が変わっていきます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

残された人が、癒されるような「いわれ」ですね。
きっとお母様見てらしたと思います。

少し違いますが、義父が亡くなった時
身近な人が亡くなったのは初めてだったんですが、
長いお経を聞いていたら、義父の体からフワリと魂が離れるように感じた瞬間があって癒されました。

その時、お経もやっぱり意味があるんだと思いました。(気付くの遅いですが・・・)
sachiさま
sachiさん、こんにちは
不思議な体験をなさいましたね
私だったら怖いとかんじてしまうかも
きっとお義父様と良いご関係だったのでしょう

幻でも幽霊でも出てきてくれないかなあ・・と思うのですが
夢にも出てきませんe-236
ぷつっと切れてしまって後は何にも無くなってしまった感じです
仏事は残った人のためにあるような気持ちがします


まぁさーさんへ
きっと 目で確認できなかっただけで 一緒にお茶を飲んでいたように思いますv-365
 
めぐりめぐって いつかお母様と逢われる日がやってくるのでしょうね。 

私の場合、母が夢に出てる時は決まって私が体調を壊す時。。あの世にいっても心配かけて申し訳けない気持ちになるんですv-356
姿は見えないけれど 心ではしっかりつながって いつも見守っていてくれているんでしょうね。

まぁさーさんに思われているお母様は喜んでいるでしょうねv-344
みらくるっちさま
みらくるっちさん、こんばんは
母親というのは、やはり生をもらった人だから色々キツイですね
生きているうちはあまり感じなかったのですが
結局甘えさせてもらっていました
いつか何処かでまた必ず逢える・・そう信じたいです
月日は巡って同じような悲しい思いを
子供達にさせてしまうのだから、精一杯母親として生きていかなくちゃ
娘時代はすっかり終わりました
プロフィール

まぁさー

Author:まぁさー
.トールペイント、パン作りを習っています。主人と娘と息子の4人暮らし.
よちよち歩きのブログです。子供達に教えてもらいながら更新中です。50歳になりました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おたのしみ
最新トラックバック
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。